上山産婦人科ロゴ
 
診療のご案内 クリニック紹介 外来診療担当医表 交通アクセス お問い合わせ

不妊治療

受診・ご相談

|不妊治療
診療時間:午前9:00~12:00、午後14:00~17:30
休診  :日曜・祭日(火・土は午後休診)※木曜午後は予約制になります。

紹介状をお持ちでない患者さまもご受診いただけます。皆さまの「かかりつけ医」として、お気軽にご相談ください。

インターネットから診療の順番受付が可能です。
順番受付はこちら

赤ちゃんが欲しいと思ったら

「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」、産婦人科的には不妊症になります。
不妊の原因は決して女性だけにあるのではなく、最新の調査では男女半々くらいにその原因があると考えられています。また妊娠しない理由は多岐にわたって重なっていることが多く、原因解明まで時間と心に負担がかかることが多いのです。

 
ですが赤ちゃんを授かりたいのであれば、結局のところ的確な治療を受けるための原因を突き止めることが一番の近道です。
当クリニックでは患者さまのペースやメンタルケアを大切にしながら、妊娠してご出産に至るまで、長期的なサポートをお約束いたします。

不妊の原因

女性側
卵管障害 卵管が詰まったり細くなっていたり、また頸管粘液の分泌が少ないなどの原因で、スムーズな受精ができないケースです。不妊原因のおよそ30~40%を占めます。
クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症が原因で起こると言われます。
排卵障害 何らかの原因で卵子の発育ができないケースです。ホルモンバランスの婦長によって引き起こされ、不妊原因のおよそ25~30%を占めます。
子宮異常 受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産するケースです。
子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症や人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが主な原因です。
骨盤内病変 子宮内膜症や腹膜炎、開腹手術の後遺症などによって、骨盤内に癒着が発生しており、卵子の成長や排卵が阻害されているケースです。
男性側
性交障害 男性器の機能不全により、性交に至らなかったり、最後まで性交できないことがあるケースです。
精管通過障害 先天的な異常、開腹手術や事故の後遺症などにより精管が塞がれ、スムーズな受精に繋がらないケースです。
精子異常 精子数が少ない、動きが悪い、奇形が多い、そもそも精子が作られないなどで、男性不妊の80%にあたると言われるケースです。
男性ホルモンの異常や先天的な精巣の異常、尿路感染症や性感染症、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの高熱性の病気、ストレスなどによって、精巣の機能が損なわれることが原因です。

※上記のほか、現在の医学では原因が分からない「機能性不妊症」も男女双方に存在します。

不妊原因を突き止めるために

不妊治療ではスクリーニングと呼ばれるいくつかの検査を経て、妊娠できない原因を明らかにします。原因に合わせて最適な治療を行っていきますが、お身体やお仕事、またはご家庭のご事情を考慮したうえ、治療方針を立てさせていただきます。

不妊スクリーニング検査

基礎体温の測定

排卵の有無や排卵時期を調べます。不妊治療にとって重要なデータですので、診察時には必ず基礎体温表をお持ちください。検査の日程を決めるうえでも大切です。
 
基礎体温

内診と経腟超音波検査

子宮や卵巣、卵巣内の卵胞の発育のほか、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気の有無、子宮内膜の観察を行うほか、排卵日の予測、排卵確認についても調べます。月経周期によって検査内容が異なります。

血液検査

クラジミア抗体などの感染症の有無、血液凝固機能を検査します。

ホルモン値測定

LH、FSH、エストロゲンまたはプロゲステロン(排卵期により異なります)、プロラクチン、甲状腺機能検査、抗ミューラー管ホルモン(AMH))を検査測定します。

卵管造影検査

子宮口から造影剤を子宮内へ注入し、レントゲン撮影をします。卵管通貨制、卵管周囲癒着の有無、子宮腔の形態確認を行います。
月経終了後~月経10日目に行います。

精液検査

男性側の不妊原因を探る検査です。精子量、精子の数、運動率、奇形率をチェックします。

 

治療スケジュール

検査

※ 不妊症検査は月経期の特定の時期のみに行うものが多いため、すべてのスクリーニング検査が終了するまでに最短1か月、最長数か月かかる可能性があります。

治療について

タイミング法

卵胞計測を行い、排卵のタイミングに合わせて夫婦間で性交渉を行っていただき、自然妊娠に繋げる方法です。

人工授精(AIH)

排卵タイミングに合わせ、摂取した精子を遠心分離器にかけ、元気な精子だけを中質紙手子宮内に注入する方法です。

排卵誘発法

・クロミッド/卵胞を育てるため、月経3~5日目より約5日間、1日1~2錠内服するお薬です。

・hMG/卵胞を育てるため、連日または隔日で摂取する注射です。

・hCG/卵胞の発育が認められたら、排卵を促すか、黄体ホルモン補充のために摂取する注射です。

・デュファストン/排卵後に黄体ホルモンが不足している場合に内服する、黄体ホルモン補充のためのお薬です。

治療費用

妊娠反応  ¥3,000
初回ホルモン検査  ¥3,640 
AMH検査
(卵巣年齢・卵巣予備能検査)
 ¥10,000
子宮卵管造影 1日目
 ¥2,510
2日目
 ¥660 
LHチェック
(排卵日特定検査)
 ¥790 
人工授精  ¥30,000
クロミッド 1日2錠5日間
 ¥510 
デュファストン 1日3錠7日間
 ¥410 
hMG 75㎍  ¥430/1本 
hCG 5000単位  ¥170/1本 
精液検査  ¥10,000
保険適応(3割負担)の場合の参考費用になります。

伊東市不妊治療費助成

不妊治療を受けたご夫婦の経済的負担を軽減するため、伊東市にお住まいの方には女性があります。
限度額は不妊治療にかかった費用の自己負担額の2分の1の額、1回あたり10万円です。
詳しくはこちら

受診・ご相談

|不妊治療
診療時間:午前9:00~12:00、午後14:00~17:30
休診  :日曜・祭日(火・土は午後休診)

紹介状をお持ちでない患者さまもご受診いただけます。皆さまの「かかりつけ医」として、お気軽にご相談ください。

 
インターネットから診療の順番受付が可能です。
順番受付はこちら